« 大ナタを振るって | トップページ | 引き立てあって趣がある »

2015年2月16日 (月)

病膏肓に入る

弟子:

今度は、「まさに、この人は、病膏肓に入る

って感じですね」の 「病膏肓に入る」ですが・・・?

 先生:

 “病入膏肓 bìnggāohuāng” 

 などと言うよ。

 “病入膏肓者,需下猛药,方能起死回生。

 を訳してご覧。

 弟子:

 「病気がかなり進行してしまった場合は、

 劇薬を処方以外に、治る見込みはない。」

« 大ナタを振るって | トップページ | 引き立てあって趣がある »

」カテゴリの記事