« 従来のやり方を踏襲する | トップページ | 寝ても覚めても思い続ける »

2014年11月 3日 (月)

いよいよ自分達の番が来たと喜び合う

弟子:  

今度は、「いよいよ自分達の番が来たと

喜び合う」 ですが・・・?

 先生:

 “弹冠相庆 tánguānxiāngqìng” 

 などと言うよ。

 “在官媒上,他一发表文章,左派就

  弹冠相庆。”

 を訳してご覧。

 弟子:

 「政府系メディアで、彼がこの文章を発表するや

 否や、左派の連中は、いよいよ俺達の出番だと

 喜び勇んだ。」

 

« 従来のやり方を踏襲する | トップページ | 寝ても覚めても思い続ける »

」カテゴリの記事