« 一字一句区切りながら | トップページ | 頭を垂れて »

2013年10月27日 (日)

目から火花が飛ぶ

弟子:

今度は、「あの時、ぶつかって、まさに目から

火花が飛んだよ」の「目から火花が飛ぶ」です

が・・・?

先生:

“眼冒金花 yǎnmàojīnhuā”

などと言うよ。

“他的胸膛被一个坚硬的胳膊肘撞中,

  痛得他眼冒金花,呻吟着蹲在地上。

を訳してご覧。

弟子:

「彼は胸を固い肘で思いっ切り突かれ、目から

 火花が飛び、うめきながら地面にうづくまった。」

« 一字一句区切りながら | トップページ | 頭を垂れて »

」カテゴリの記事