« 目から火花が飛ぶ | トップページ | 社会のクズ »

2013年10月29日 (火)

頭を垂れて

弟子:

今度は、「私は、ただ、頭を垂れているほか

ありませんでした」の「頭を垂れる」ですが

・・・?

先生:

“嘟噜着脸 dūluzheliǎn”

などと言うよ。

“检票员嘟噜着脸,一副余恨

  未消的样子。

を訳してご覧。

弟子:

「乗務員は、頭を垂れ、悔しそうな面持ち

 だった。」

« 目から火花が飛ぶ | トップページ | 社会のクズ »

」カテゴリの記事