« 瞳を凝らして見る | トップページ | 無駄だと思っても、最後の努力をする »

2013年4月 1日 (月)

汲めども汲めども尽きない

弟子:

今度は、「あの人は博覧強記にして、その知識

は、汲めども汲めども尽きないものだ」の「汲め

ども汲めども尽きない」ですが・・・?

先生:

“取之不尽,用之不竭

  qǔzhībùjìn,yòngzhībùjié”

などと言うよ。

“他一向自有锻炼,因而蓄有充沛

  旺盛的精力,简直取之不尽,

  用之不竭。

を訳してご覧。

弟子:

「彼はずっと鍛えて来ていたので、旺盛な

 エネルギーを蓄えており、まさに、それは

 無尽蔵と言えるものだった。」

« 瞳を凝らして見る | トップページ | 無駄だと思っても、最後の努力をする »

」カテゴリの記事