« 気詰まりだ | トップページ | 厳しい試練に耐える »

2012年12月14日 (金)

何が何だか分からない

弟子:

今度は、「筋が余りに入り組んでいて、何が

何だか分かりません」の「何が何だか分から

ない」ですが・・・?

先生:

“扑朔迷离 pūshuòmílí”

などと言うよ。

“这场谋杀情节如此扑朔迷离,

  使案情更神秘可怖。

を訳してご覧。

弟子:

「この殺人は、このように複雑怪奇で、

 それがさらに一層この事件を神秘的

 で空恐ろしいものにしていた。」

« 気詰まりだ | トップページ | 厳しい試練に耐える »

」カテゴリの記事