« たとえ火の中水の中 | トップページ | 一途だ »

2012年10月23日 (火)

あっけにとられてものも言えない

弟子:

今度は、「余りの図々しさに、あっけにとられて

ものも言えませんでした」の「あっけにとられて

ものも言えない」ですが・・・?

先生:

“张口结舌 zhāngKǒujiéshé

“瞠目结舌 chēngmùjiéshé

などと言うよ。

“他也没想到她来这一手。

  大家的目光都向他,他

  被看得瞠目结舌。

を訳してご覧。

弟子:

「彼もまさか彼女がこういう手に出て来る

 とは思いもしなかった。皆の視線が彼

 に注がれたが、彼はものも言えなかった。」

« たとえ火の中水の中 | トップページ | 一途だ »

」カテゴリの記事