« くだらない思いつき | トップページ | せいぜい・・・するだけだ »

2012年10月16日 (火)

わき目もふらずに

弟子:

今度は、「彼は、わき目もふらずに執筆

を続けている」の「わき目もふらずに」で

すが・・・?

先生:

“闷头 mēntóu

“埋头 máitou

“聚精会神 jùjīnghuìshén

などと言うよ。

“她闷头往前走,头也不回。”

を訳してご覧。

弟子:

「彼女は、ものも言わず、歩き続け、

 振り返ろうともしなかった。」

« くだらない思いつき | トップページ | せいぜい・・・するだけだ »

」カテゴリの記事