« 必ずや | トップページ | たいした腕前だ »

2012年7月 5日 (木)

全く手が付けられていない

弟子:

今度は、「ありがたいことに、その古墳は、

全く手が付けられていなかったんですよ」

の「全く手が付けられていない」ですが・・・?

先生:

“一动不动 yīdòngbùdòng

“纹丝未动 wénsīwèidòng

などと言うよ。

“一桌丰盛的菜肴纹丝未动,

  已经凉了。

を訳してご覧。

弟子:

「せっかくのお御馳走が、全く手を付けられずに

 冷めてしまっている。」

« 必ずや | トップページ | たいした腕前だ »

」カテゴリの記事