« 肝っ玉が据わっている | トップページ | ため息をつく »

2011年12月29日 (木)

体をくっつけ合いながら

弟子:

今度は、「凍え死にしないために、体をくっつ

合いながら寝るしかなかった」の「体をくっ

つけ合いながら」ですが・・・?

先生:

“身挨身 shēn'āishēn”

などと言うな。

“一群天真的小姑娘脱下凉鞋,

  卷起裤筒,手挽手,身挨身,

  漫步缓行,水流浅至小腿,

  深至膝盖。”

を訳してご覧。

弟子:

「無邪気なお嬢さん達のグループが、

 スリッパを脱ぎ、ズボンの裾をめくり

 上げ、手を組み、体をくっつけ合い

 ながら、ゆっくりと歩いていた。

 水は、浅いところで脛まであり、

 深いところで膝まであった。」

« 肝っ玉が据わっている | トップページ | ため息をつく »

」カテゴリの記事