« ばらばらの砂のようだ | トップページ | 足場を固める »

2011年12月 4日 (日)

ただただ驚くばかり

弟子:

今度は、「その恰好が余りに奇抜だったた

に、我々は、ただただ驚くばかりだった」

「ただただ驚くばかり」「あっけにとられる」

ですが・・・?

先生:

どんな恰好?

弟子:

豚が鶏に化けたって感じでした。

先生:

???????

“呆若木鸡 dāiruòmùjī”

などと言うな。

“大家听了都呆若木鸡。”

を訳してご覧。

弟子:

「皆は、その話を聞いて、ただただ驚き入る

 ばかりだった。」

« ばらばらの砂のようだ | トップページ | 足場を固める »

」カテゴリの記事