« 毛が擦り切れた | トップページ | 苦労のし甲斐があったというものだ »

2011年11月19日 (土)

てきぱきと

弟子:

今度は、「ニーチェの妹は、ニーチェの書斎に

入って来るなり、てきぱきと机の上を片づけた」

の「てきぱきと」ですが・・・?

先生:

“麻利 málì”

“利落 lìluo”

“手脚麻利 shǒujiǎomálì”

“干得利落 gàndelìluo”

などと言うな。

“客人一到,她一手提两把竹椅,

  一边吆喝,一边麻利地安排座位。”

を訳してご覧。

弟子:

「お客さんが入って来ると、彼女は、片手で竹椅子

 を二脚持ちながら、いらっしゃいませと叫びつつ、

 てきぱきと席を整えた。」

« 毛が擦り切れた | トップページ | 苦労のし甲斐があったというものだ »

」カテゴリの記事