« てきぱきと | トップページ | おかんをつける »

2011年11月19日 (土)

苦労のし甲斐があったというものだ

弟子:

今度は、「空手を始めて10余年、やっと、自分の

道場が持てる。苦労のし甲斐があったというもの

だ」の「苦労のし甲斐があったというものだ」「苦労

が報われる」ですが・・・?

先生:

“熬到头了 áodàotóule”

などと言うな。

“今天彩排,明天上台,

  终于快要熬到头了。”

を訳してご覧。

弟子:

「今日が総仕上げリハーサル、明日が本番、

 いよいよ今までの苦労が報われるという

 ものだ。」

« てきぱきと | トップページ | おかんをつける »

」カテゴリの記事