« コンドルセのパラドックス | トップページ | 囚人のジレンマ »

2011年9月15日 (木)

アロウの不可能性定理

弟子:

今度は、「アロウの不可能性定理が正しい

とすれば、民主主義の根本が揺らぎかね

ないですね」の「アロウの不可能性定理」

ですが・・・?

先生:

“阿罗不可能定理

  āluóbùkěnéngdìnglǐ”

などと言うな。

“阿罗不可能定理是指,

  如果众多的社会成员

  具有不同的偏好,而

  社会又有多种备选方案,

  那么在民主的制度下

  不可能得到令所有的人

  都满意的结果。” 

を訳してご覧。

弟子:

「アロウの不可能性定理が指摘するのは、

 数多の社会の構成員が異なった選好を

 有し、且つ、社会に多くの選択肢がある

 場合、民主的な制度の下では、全ての

 構成員が満足するような結果は得られ

 ないということだ。」

« コンドルセのパラドックス | トップページ | 囚人のジレンマ »

」カテゴリの記事