« 鶏口となるも、牛後となるなかれ | トップページ | 鳴かず飛ばず »

2011年9月 9日 (金)

人の好意を無にする

弟子:

今度は、「あいつ、人の好意を無にするにもほど

あるってもんだ」の「人の好意を無にする」です

・・・?

先生:

“不识抬举 bùshítáijǔ”

 

“拿好心当驴肝肺

  náhǎoxīndānglǘgānfèi”

などと言うな。

 

“记得我刚参加工作时,指导员

  三番五次让我写入党申请书,

  我也是NO,气得指导员骂我

  不识抬举。”

を訳してご覧。

弟子:

「仕事に就いてまもなく、指導員が再三にわたって

 入党申請書へのサインを勧めたが、私の返事は

 いつもノーだった。すると、指導員は、人の好意を

 無にする奴だとののしった。」

« 鶏口となるも、牛後となるなかれ | トップページ | 鳴かず飛ばず »

」カテゴリの記事