« 頭がボーっとして | トップページ | 先頭に立って »

2011年8月17日 (水)

肝心要の時に

弟子:

今度は、「こういう肝心要の時に、決まって、

あいつはいないんだから、もう」の「肝心要

の時に」ですが・・・?

先生:

“就在这个节骨眼上

 jiùzàizhègejiégǔyǎnshàng

などと言うな。

“眼看着只有一个星期调令就要

 下来了,偏偏在这个节骨眼上,

 出了一起恶性杀人案。”

を訳してご覧。

弟子:

「あと一週間もすれば、転勤発令が出るという、

 肝心要の時に、なんと、凶悪殺人事件が

 起きてしまった。」

先生:

バカだな。

一週間の「休暇」を取っていれば、良かったんだ

よ。

« 頭がボーっとして | トップページ | 先頭に立って »

」カテゴリの記事