« 疑う余地のない事実 | トップページ | 隙をついて »

2011年8月16日 (火)

ぶすっとして

弟子:

今度は、「君、そんなにぶすっとして、何を

怒ってんの?」の「ぶすっとして」ですが・・・?

先生:

“没好气地 méihǎoqìde

などと言うな。

“她没好气地瞪了我一眼,

 :‘三次,不够。

を訳してご覧。

弟子:

「彼女は、ぶすっとして、私を睨みつけて

 言い放った。『三回きりじゃ、許さないわよ!』」

先生:

どういう場面かな?

弟子:

若い頃の「先生と奥さまの会話」ですよ。

お忘れですか?

« 疑う余地のない事実 | トップページ | 隙をついて »

」カテゴリの記事