« ぶすっとして | トップページ | 恥をさらす »

2011年8月17日 (水)

隙をついて

弟子:

今度は、「一瞬の隙をついて、手を握ったら、

なんと母親の手だったんですよ」の「隙をつい

て」「隙を見て」ですが・・・?

先生:

“钻空子 zuānkòngzi

“瞅个空档 chǒugekòngdàng

などと言うな。

 瞅个空档,我自信地走到

 她面前,像熟人一样跟她

 打着招呼:‘咳!’”

を訳してご覧。

弟子:

「隙を見て、堂々と彼女の前に走り出て、 

 さも知り合いであるかのように、 『ハイ!』

 とやった。」

先生:

前に、どこかの国で、「王室関係者」に化けた

男をずっと見破れなかった話があったな。

ポイントは、堂々としていることだな。

« ぶすっとして | トップページ | 恥をさらす »

」カテゴリの記事