« バタバタと | トップページ | あっけにとられる »

2011年8月19日 (金)

生きて来た甲斐があったというものだ

弟子:

今度は、「こんな素晴らしいデイサービスを

受けられるなんて、生きて来た甲斐があった

というもんだわい」の「生きて来た甲斐があっ

たというもんだ」ですが・・・?

先生:

“这辈子就算没白活了

 

  zhèbèizijiùsuànméibáihuóle”

などと言うな。

“我周瑜能够娶你小乔为妻,

 

  我这辈子就算没白活了。”

を訳してご覧。

弟子:

「わたくし周瑜は、そなた小喬を妻とすること

 が出来るなら、わたくしの一生は無駄で

 かったことになります。」

先生:

おおげさな。

弟子:

先生、お声が大きすぎますぞ。

奥方が、聞いておられますぞ。

« バタバタと | トップページ | あっけにとられる »

」カテゴリの記事