« 怒る | トップページ | 角を矯(た)めて牛を殺す »

2011年2月28日 (月)

我が身の臭さ知ることなし

弟子:

今度は、「我が身の臭さ知ることなし」「我が糞は

臭くない」ですが・・・?

先生:

英語の

“Everyone's dunghill smells well to himself.”

だろう?

ん~~ん、

自己的屎屁只有自己觉得香。

zìjǐdeshǐpìzhǐyǒuzìjǐ

juédexiāng

などと言えるかな。

弟子:

「自分の欠点は、なかなか見えない」という意味ですよね。

でも、我々は、もう少し上品な路線で行きたいですね。

先生:

そうだよ。

たとえば、

「私のあそこは、『麝香』の匂いそのものだよ。

 さあ、嗅いでみたまえ。」

弟子:

先生、やめてくださいよ!

« 怒る | トップページ | 角を矯(た)めて牛を殺す »

」カテゴリの記事