« 見くびる | トップページ | 肝をつぶす »

2011年1月28日 (金)

楽し過ぎて家に帰るのを忘れてしまう

弟子:

今度は、「うちの亭主、女護ケ島に行ったら、楽し過ぎ

て家に帰るのを忘れてしまったみたいだ」の「楽し過ぎ

て家に帰るのを忘れる」ですが・・・?

先生:

乐不思蜀 lèbùsīshǔ

などと言うな。

无论工作还是生活,都让我感到

亲切和温暖,我都乐不思蜀

了。

を訳してご覧。

弟子:

「仕事にしても、生活にしても、慈しみと暖かさ

 に包まれ、家に帰ることなどすっかり忘れて

 しまいました。」

先生:

「埴生の宿」の方がいいと思うがなあ。

« 見くびる | トップページ | 肝をつぶす »

」カテゴリの記事