« 実は | トップページ | 人を余り追い詰めるな »

2011年1月10日 (月)

アーラヤ識

弟子:

今度は、「パパ、アーラヤ識って、何番目の識

なの?」の「アーラヤ識」ですが・・・?

先生:

「八番目」さ。

阿赖耶识 ālàiyéshí

と言うよ。

阿赖耶识甚深细,

一切种子如瀑流。

を訳してご覧。

弟子:

「アーラヤ識は、極めて深く微細で、

 一切の種子は瀑流のごとくある。」

先生:

更に、自分の言葉で、現代語で、

分かりやすく説明せよ。

弟子:

とても、無理です。

あと、20年、時間をください。

« 実は | トップページ | 人を余り追い詰めるな »

」カテゴリの記事