« やはり、そうだった | トップページ | 睦言 »

2010年12月28日 (火)

ビリビリ鳴る

弟子:

今度は、「もうこの校舎も限界だな。風がちょっと吹いた

だけで窓ガラスがビリビリ鳴ってるぜ」の「ビリビリ鳴る」

「ビリビリ振動する」「ビリビリ震える」「ビリつく」ですが

・・・?

先生:

“瑟瑟发抖 sèsèfādǒu””

などと言うな。

“最难忘的是飞机贴着楼群

降落、起飞的情景,此时

轰鸣声震耳欲聋,玻璃窗

瑟瑟发抖。”

を訳してご覧。

弟子:

「最も印象深かったのは、飛行機が建物

 の近くを通り、着陸、離陸する時の光景

 で、轟音が耳をつんざき、ガラス窓が

 ビリビリ鳴っていた。」

先生:

「基地」や「飛行場」の近くでは、いつでも、

こうだぜ。

弟子:

そう言えば、この間乗った飛行機の窓ガラス

も、そんな感じでしたよ。

先生:

そりゃー、ヤバいぜ。

弟子:

そうなんです、幸い、墜落したところが、水の上

で、「窓ガラス」は、大丈夫でした。

先生:

???????????

« やはり、そうだった | トップページ | 睦言 »

」カテゴリの記事