« 時間がさっと過ぎる | トップページ | やはり、そうだった »

2010年12月28日 (火)

リーン、リーン

弟子:

今度は、「先生、電話って、リーン、リーンって

鳴るんですか?」の「リーン、リーン」ですが・・・?

先生:

“嘀铃铃 dīlīnglīng

と言うよ。

“嘀铃铃,嘀铃铃····,

电话响了。”

を訳してご覧。

弟子:

「リーン、リーン、・・・、電話が鳴った。」

先生:

君の家の電話は、どう鳴る?

弟子:

「ピヨピヨ、ピヨピヨ、・・・・。」

先生:

何の音?

弟子:

「小鳥のさえずり」です。

先生:

昭和時代の小説を後世の人が読んでも、

「リーン、リーン」は、ピンと来ないかもな。

« 時間がさっと過ぎる | トップページ | やはり、そうだった »

」カテゴリの記事