« 息がぴったり合っている | トップページ | 客を客とも思わないひどい扱い »

2010年12月27日 (月)

きっと

弟子:

今度は、「きっといつかは分かってくれるよ。

辛抱辛抱!」の「きっと」ですが・・・?

先生:

“一定 yīdìng

“肯定 kěndìng

“准保 zhǔnbǎo

などと言うな。

“用中文读了,准保笑死你!

を訳してご覧。

弟子:

「中国語で、これを読んだら、絶対に君は

笑い転げるぜ。」

先生:

「漢字の文章」だろ?

どんなのだい?

弟子:

「吾妻怪我、龍馬精神衰弱。」

先生:

うわー、さむ~~い!

« 息がぴったり合っている | トップページ | 客を客とも思わないひどい扱い »

」カテゴリの記事