« 汚いやり口 | トップページ | ・・・という程でもありません »

2010年11月12日 (金)

命あっての物種

弟子:

今度は、「命あっての物種だよ。決して、弾に

向かって行くんじゃないよ」の「命あっての物

種」ですが・・・?

先生:

“留得青山在,不怕没柴烧

liúdéqīngshānzài

bùpàméicháishāo

などと言うな。

“留得青山在,不怕没柴烧。

只要今天活着出去,

再讨上个媳妇儿,置上个家,

不就什么都有了吗?

を訳してご覧。

弟子:

「命あっての物種さ。今日、何とか生きて

 ここを出られれば、嫁を貰い、家庭を

 築くことだってでき、そうなれば、何も

 失ったことにならないじゃないか。」

先生:

この人物にとっては、「嫁」や「家」は、

自分の「お飾り」なんだな。

勝手が過ぎるな。

弟子:

まあ、先生、青筋を立てないで。

このセリフは、とにかく自分が生き延び

たいがために戦友に向かって言ったも

ので、とっさの思いつきで口をついて出

た言葉なんですから。

先生:

君、「とっさの中にこそ、真実が見える」

んじゃぞ。

« 汚いやり口 | トップページ | ・・・という程でもありません »

」カテゴリの記事