« ・・・の面子を立てて | トップページ | 道連れにする »

2010年11月 4日 (木)

墨客

弟子:

今度は、「あの時代の墨客というのは、

琴まで弾けたんだよ」の「墨客」ですが

・・・?

先生:

“舞文弄墨 wǔwénnòngmò”

などと言うな。

“他是商人,更是舞文弄墨

的文人。”

を訳してご覧。

弟子:

「彼は商人と言うよりは、むしろ墨客と

 言うべきであった。」

先生:

世の中には、面白い人がいるよな。

「ラーメン屋のおやじ」であり、なおかつ、

「オーケストラの指揮者」なんていう人

がいるよな。

弟子:

「私塾の塾長」でありながら、「闇金」

何ていう人もいますよ。

先生:

わしのことか?

« ・・・の面子を立てて | トップページ | 道連れにする »

」カテゴリの記事