« 大枚はたいて | トップページ | 風雅を解さない »

2010年10月27日 (水)

少しも珍しくない

弟子:

今度は、「一人暮らしの老人など、今や、

少しも珍しくないよ」の「少しも珍しくない」

「ありふれた」「掃いて捨てるほど」ですが

・・・?

先生:

“不足为奇 bùzúwéiqí

“屡见不鲜 lǚjiànbùxiān

“司空见惯 sīkōngjiànguàn

などと言うな。

“随地吐痰看似司空见惯,

但在不少市民看来,却是

最让人讨厌的陋习之一。”

を訳してご覧。

弟子:

「あたりかまわず痰を吐くのは、よく見かける

 が、多くの者は、最も恥ずべ悪習の一つと

 見ている。」

先生:

君、地球上で、最もありふれたものは、何か

な?

弟子:

難しい質問ですね。

「炭素」?

「水」?

先生:

「愛憎」。

弟子:

?????????????

« 大枚はたいて | トップページ | 風雅を解さない »

」カテゴリの記事