« 怒りを収める | トップページ | 何でも話せる間柄 »

2010年10月30日 (土)

げすの勘繰り

弟子:

今度は、「我が国だったらきっとやるだろうから

今回の報道はあの国のやらせだ、と邪推する

のは、げすの勘繰りと言わざるを得ない」の

「げすの勘繰り」ですが・・・?

先生:

“以小人之心度君子之腹

yǐxiǎorénzhīxīnduójūnzizhīfù”

などと言うな。

“随着史料的不断丰富,

在我看来,历史学者们

讽刺曹操,多少带点

以小人之心度君子之腹

的感觉。”

を訳してご覧。

弟子:

「歴史的資料がますます豊富になるに

 つれて分かって来たのだが、私の

 見る限り、歴史学者が曹操を揶揄

 して来たのは、どうやら、本当の

 偉大さが分からない者が勝手な

 想像をしたというきらいがある。」

先生:

大体、「心」と「腹」は、別物じゃろうが。

弟子:

そんなことを言ったら、同じ「腹」でも、

「ビールの腹」と「ご飯の腹」は別物で

しょう。

先生:

????????????

 

« 怒りを収める | トップページ | 何でも話せる間柄 »

」カテゴリの記事