« 学があることをひけらかすために、わざと難しい言葉を使う | トップページ | 不平を言う »

2010年10月30日 (土)

許容範囲ぎりぎりの

弟子:

今度は、「君は、許容範囲ぎりぎりでセーフだと

言いたいのだろうが、どうかな?」の「許容範囲

ぎりぎりの」ですが・・・?

先生:

“擦边球式 cābiānqiúshì”

“打擦边球 dǎcābiānqiú”

などと言うな。

“一些网页游戏公司,在做

市场推广时,动歪脑筋,

大打‘涉黑涉黄擦边球。”

を訳してご覧。

弟子:

「ネットゲーム会社数社は、売らんがために、

 悪知恵を働かせて、思いっきり、『犯罪、

 違法ポルノ』まがいのことを謳っている。」

先生:

それは、「商売の常道」ってもんだろう。

弟子:

でも、「ビジネスモラル」ってものがあるで

しょう?

先生:

それを言うなら、「ビジネスモデル」と言う

べきじゃよ。

弟子:

「こじつけ」すれすれ!!!!!

 

« 学があることをひけらかすために、わざと難しい言葉を使う | トップページ | 不平を言う »

」カテゴリの記事