« 上にならえ | トップページ | 手に負えない »

2010年10月 9日 (土)

腑に落ちないといった面持ちで

弟子:

今度は、「首相は、なんでこいつがノーベル

平和賞なんかを受賞するんだと、腑に落ち

ないといった面持ちで彼の写真をまじまじと

見た」の「腑に落ちないといった面持ちで」

「きょとんとして」ですが・・・?

先生:

“一脸不解 yīliǎnbùjiě”

などと言うな。

“她一脸不解地看着他。”

を訳してご覧。

弟子:

「彼女は、一体どうしたのという面持ちで

 彼を見ていた。」

「彼女は、なんで、という顔つきで彼を

 見ていた。」

「彼女は、エッなんで、っていう顔をして

 彼を見ていた。」

「彼女は、どういうことなのっていう表情

 で彼を見ていた。」

「彼女は、きょとんとした表情をして、

 彼を見ていた。」

「彼女は、まったく腑に落ちないという

 面持ちで彼を見ていた。」

「彼女は、訳が分からないわねって

 いう面持ちで彼を見ていた。」

・・・・・・・・・・・・・

先生:

ストップ!

いい加減にしてくれ!

« 上にならえ | トップページ | 手に負えない »

」カテゴリの記事