« 話のつじつまが合わない | トップページ | 見劣りする »

2010年10月23日 (土)

子供は・・・

弟子:

今度は、「子供は、一人います」の「子供は、・・・」

ですが・・・?

先生:

“膝下··· xīxià···”

などと言うな。

“膝下有七男八女。”

“膝下无子。”

を訳してご覧。

弟子:

「子供は、男が7人、女が8人います。」

「子供は、おりません。」

先生:

まあ、あまり、子供の数を競い合っても仕方

ないな。

子供は、「授かりもの」だからな。

弟子:

でしたら、

“膝下无夫。”

とは、言えませんか?

先生:

そりゃー、無理!

弟子:

「夫」も「授かりもの」でしょう?

台湾の女性が、「授かりもの」が授からない

ので、頭に来て、「自分と結婚」する位です

から。

先生:

???????????

« 話のつじつまが合わない | トップページ | 見劣りする »

」カテゴリの記事