« 適当なところで止めておく | トップページ | びくびく »

2010年9月20日 (月)

ゆすりたかり

弟子:

今度は、「こうなったら、一丁、ゆすりたかり

でもやるしかないな」の「ゆすりたかり」です

が・・・?

先生:

“敲竹杠 qiāozhúgàng

“敲诈勒索 qiāozhàlèsuǒ”

“巧取豪夺 qiǎoqǔháoduó”

などと言うな。

“从客观上看,抢劫和敲诈勒索

都可能包含使用暴力相威胁的

内容。”

を訳してご覧。

弟子:

「客観的に見れば、強盗もゆすりたかりも

 共に暴力を用い威嚇するということを

 伴っている。」

先生:

日本語の「ゆすり」と「たかり」は、どう違う

のかね?

弟子:

先生、言葉というものはイメージですよ。

「ゆすり」は、熟した柿の木を揺すったら、

柿の実が落ちてくるイメージですよ。

「たかり」は、砂糖にハエがたかるイメージ

ですよ。

先生:

« 適当なところで止めておく | トップページ | びくびく »

」カテゴリの記事