« 現場責任者が頼り | トップページ | もしかしたら »

2010年9月21日 (火)

何が何だか分からない

弟子:

今度は、「お前の説明を聞いて、ますます

何が何だか分からなくなって来たよ」の

「何が何だか分からない」ですが・・・?

先生:

“一头雾水 yītóuwùshuǐ”

懵头懵脑 měngtóuměngnǎo

などと言うな。

“潮汕人做什么事情都会

把成本和利润先算好,

绝不会懵头懵脑地做

赔本买卖。”

を訳してご覧。

弟子:

「潮州汕頭人は、何をするにしても、

 コストと利潤をまずはじき、決して

 むやみに損をするような商売は

 やらないものだ。」

先生:

いつも儲かる商売なんかやっていると

厭きちまうんと違うか?

弟子:

そうかも知れません。

そういう時、潮州汕頭人は、どうするん

でしょうか?

先生:

金を使わないで暮らす方法で日々を過

ごすんと違うかな?

たとえば、一日寝て過ごす、一日魚釣り

をする、・・・・・。

弟子:

「市場経済」の「敵」ですね、彼らは。

先生:

????????

« 現場責任者が頼り | トップページ | もしかしたら »

」カテゴリの記事