« 一回り上 | トップページ | だったらいいや »

2010年8月14日 (土)

黙々と

弟子:

今度は、「あそこで黙々と食事をされている

のが、もしかして、佐々木小次郎様でしょう

か?」の「黙々と」「ものも言わずに」ですが

・・・?

先生:

“闷头 mēntóu

などと言うな。

“足球协会早就为球队准备

好了香槟酒和大蛋糕,

然而,比赛结果让庆功宴

变成‘闷头吃。”

を訳してご覧。

弟子:

「サッカー協会は、チームのために

 シャンペンと特大ケーキを準備し

 ていたが、試合の結果、祝宴は、

 『ものも言わず黙々食べるもの』

 になってしまった。」

先生:

「反省の弁」もないのかね?

弟子:

「もの言えば、唇寒し、負け戦」

ですよ。

« 一回り上 | トップページ | だったらいいや »

」カテゴリの記事