« とことん追い込む | トップページ | 女の子の尻を追いかける »

2010年8月12日 (木)

年寄り風を吹かせる

弟子:

今度は、「えー、また、あの年寄り風を吹かせ

る大先生の話を聞かなきゃいけないんですか?」

の「年寄り風を吹かせる」「先輩面する」です

が・・・?

先生:

若い者のそういう態度が、人類の寿命を縮め

るんじゃ。

こういう言葉は、「死語」にしよう。

弟子:

先生、またぞろ、「風」が吹き出しましたよ。

先生:

“卖老 màilǎo

“卖个老 màigelǎo

“倚老卖老 yǐlǎomàilǎo

などと言う輩がいることはいるな。

“新人一进入职场,最怕遇到喜欢

倚老卖老的同事,处处干涉,事事指导,

无法好好施展自己的能力。”

を訳してご覧。

弟子:

「親入社員にとって最大の悲劇は、先輩風を

 吹かせる社員がいて、いちいち干渉したり、

 指示しようとして、新入社員が自分の能力

 を発揮したくともできないことだ。」

先生:

そういえば、わしが新米だった頃にも、経験が

あるな。

「食べ物の噛み方が、類人猿並みだ」と言われ

たな。

弟子:

それ、今でも、変わっていませんよ。

実は、気になって仕方ないんですよ。

いいですか、柔らかいものは、こうやって噛み、

硬いものは、こうやって噛むんですよ。

先生:

なるほど。

先輩、心温まるご指導ご鞭撻、感謝感激、

雨あられです。

弟子:

なるほど、こうやって、先輩を虚仮にして

来たって訳か。

« とことん追い込む | トップページ | 女の子の尻を追いかける »

」カテゴリの記事