« 人にはそれぞれ言い分があるものだ | トップページ | 本音を打ち明けられる »

2010年8月10日 (火)

ものの分かった人

弟子:

今度は、「うちの社長ほどものの分かった

人はまれだな」の「ものの分かった人」です

が・・・?

先生:

“明白人 míngbairén

などと言うな。

A:原来你是个明白人。

B:我怎么是个明白人?

A:知道自己是谁,这说明

你有自知之明啊。”

を訳してご覧。

弟子:

「A:君は、大人だったんだね。

B:どうして、そうなるの?

A:自分が誰であるかを知っている

  じゃないか。それこそ、ものの分

  かった人って言えるんだよ。」

先生:

私なんか、母親の胎内にいる頃から、

「己が何であるか」を、自覚していたが

な?

弟子:

どのようにですか?

先生:

「やがて、大海原のような胎内から出て、

千里も続く大空を飛翔する鳥の如き人生

を送る」と。

弟子:

なるほど。

それで、今は?

先生:

今は、「薄暗い牢屋のような部屋に閉じこもり

・・・」。

こら、言わすな!

« 人にはそれぞれ言い分があるものだ | トップページ | 本音を打ち明けられる »

」カテゴリの記事