« 苦心惨憺 | トップページ | 引き継ぐ »

2010年8月29日 (日)

恐れおののく

弟子:

今度は、「これしきの地震に、恐れおののくとは、

大陸の連中もたいしたことないな」の「恐れおの

のく」ですが・・・?

先生:

“惊恐失色 jīngkǒngshīsè”

“惊恐万状 jīngkǒngwànzhuàng

“吓得发抖 xiàdefādǒu

などと言うな。

“有一次起了风,浪涛汹涌,

他们都惊恐失色,

提议掉转船头回去。”

を訳してご覧。

弟子:

「ある時暴風に遭い、逆巻く波の

 ものすごさに、彼らは恐れおの

 のく余り、港に戻ろうと言い出し

 た。」

先生:

確かに「地震」は、怖いよ。

この間も、「銭湯」から裸のまま、飛び出し

た位だよ。

弟子:

あー、あの時ですか?

確か、「震度8」でしたっけ?

先生:

君達は、そこまで「鈍感」じゃないと、

生きられないのか!

« 苦心惨憺 | トップページ | 引き継ぐ »

」カテゴリの記事