« 根本的に | トップページ | 分かった、分かったという風に »

2010年8月25日 (水)

独特のものの見方が出来る

弟子:

今度は、「知識をただ詰め込むより、独特

のものの見方が出来るようになることの方

が数倍も大事だよ」の「独特のものの見方

だ出来る」ですが・・・?

先生:

“独具慧眼 dújùhuìyǎn

などと言うな。

“影视圈的人视他为伯乐,

因为他独具慧眼,而独具慧眼

的背后是其敏锐的艺术嗅觉、

深厚的文学功底和多方面的

造诣。”

を訳してご覧。

弟子:

「映画・テレビ界の人々は、彼を『伯楽』視し

 ている。なぜなら、彼は常に独自の優れた

 見解を有し、その見解の奥には、研ぎ澄ま

 された芸術的嗅覚と奥深い文学的素養と

 多方面にわたる造詣が横たわっている

 からだ。」

先生:

こういう人に見出される逸材は、幸せだな。

弟子:

そうですね。

でも、こういう人に対しては、「売り込み」は

無用ですよね。

先生:

そうかな?

だったら、彼は、どうやって、人を選ぶのかな?

弟子:

それが、面白いんですよ。

彼は、いつも、「エスカレーター」の横に立って

人を見ているんですよ。

先生:

??????

« 根本的に | トップページ | 分かった、分かったという風に »

」カテゴリの記事