« 一蓮托生 | トップページ | 話がかみ合わない »

2010年8月24日 (火)

言うべきことは言わず、余計なことばかり言う

弟子:

今度は、「池澤、お前の口には、ガムテープを

貼ってやりたい位だな。言うべきことは言わず、

余計なことばかり言うな、お前は」の「言うべき

ことは言わず、余計なことばかり言う」ですが・・・?

先生:

“哪壶不开提哪壶

nǎhúbùkāitínǎhú ”

などと言うな。

“哎,我是太不识趣了,

用妈妈的话说,

是哪壶不开提哪壶。”

弟子:

「いやー、僕は、気が利かなかった

 んですね。母の言い方を借りれば、

 言わずもがなのことばかり言って

 いたんですね。」

先生:

ところで、「池澤」って、誰じゃ?

誰が、「池澤」に、こんな偉そうな口を

きいたんだ?

弟子:

「鳴沢了」ですよ、話し手は。

先生:

誰?

ねー、教えてチョーよ!

« 一蓮托生 | トップページ | 話がかみ合わない »

」カテゴリの記事