« 夜目遠目笠の内 | トップページ | 人にはそれぞれ言い分があるものだ »

2010年8月 9日 (月)

夜ふかし

弟子:

今度は、「夜ふかしは、体に毒ですよ。

ほどほどにしなさいよ」の「夜ふかし」

「夜ふかしする」ですが・・・?

先生:

“开夜车 kāiyèchē”

“点灯熬油 diǎndēng’áoyóu

などと言うな。

“那时家里做菜用油尚且困难,

哪里有多余的油用来点灯,

所以点灯时间一长,外公

总是大声喊道:‘甭点灯熬油了,

快睡觉吧!’

を訳してご覧。

弟子:

「当時は、料理に使う油さえも不足していた

 ので、明りに使う油などなかった。それで、

 明りを使う時間がちょっと長くなると、

 おじいちゃんが、『油がもったいないぞ。

 早く寝ろ!』とどなった。」

先生:

人類は、夜も起きてるようになってしまった

って訳だ。

弟子:

そうです。

私なんか、夜こそ、目が冴えわたりますね。

先生:

「エコ」は、ここから始めるべきだ。

「日の出と共に起き、日の出と共に寝よ!!」

弟子:

??????

おかしい、どこか、おかしい!!!

« 夜目遠目笠の内 | トップページ | 人にはそれぞれ言い分があるものだ »

」カテゴリの記事