« 何の足しにもならない | トップページ | 駄々をこねる »

2010年8月17日 (火)

こわい

弟子:

今度は、「こわい顔つきからは想像できない

ほど、心の優しい人なんですよ」の「こわい」

「凶悪な」ですが・・・?

先生:

“凶巴巴 xiōngbābā”

などと言うな。

“司机大声说:‘往里面走,都别挤

在门口!’,遇到这种凶巴巴的

司机,很多市民心里都不是滋味。”

を訳してご覧。

弟子:

「運転手が、『中へ入れ。入口に立ち止まるな!』

大声でどなる。もし、こういうこわい運転手に出会

ったら、 多くの人が興ざめだろう。」

先生:

こういう運転手には、感謝すべきだと思うよ。

バスの中に詰めないで、乗りたくとも乗れない

乗客が出ることを考えれば、この運転手の

言動には、一分の「非」もないな。

弟子:

でも、口の利き方が、なってませんよ。

先生:

じゃあ、どう言う?

弟子:

「すみませんが、お客様、これからバスに

 乗り込んで見える方々のことにも少しは

 ご配慮いただき、入口で立ち止まらないで、

 中の方へと詰めていただけませんでしょう

 か?」

先生:

これで、人は動くか?

こういう心のこもらない言い草は、中国語へは、

翻訳できないな。

弟子:

本当ですか?

« 何の足しにもならない | トップページ | 駄々をこねる »

」カテゴリの記事