« 窮鼠猫をかむ | トップページ | 年上の女房は金の草鞋を履いてでも探せ »

2010年7月22日 (木)

腕前

弟子:

今度は、「君のあの方面の腕前は、

相当なものだな」の「腕前」「技量」

ですが・・・?

先生:

“能耐 néngnai

“伎俩 jìliang

などと言うな。

“像我们都已经十八岁了,

多少也了解自己的力量

或是能耐到什么程度。”

を訳してご覧。

弟子:

「私達ももう18歳ですから、自分

 の実力や腕前がどの程度か

 自分なりに分かっているつもり

 です。」

先生:

「あの方面」の「腕前」って、何の

ことかね?

弟子:

あー、あれですね、それはですね、

その・・・。

先生:

ハッキリ言いたまえ。

弟子:

ですから、その、ハッキリ言えないから、

「あの方面」と言っているのですから、

それ以上詮索しないで・・・。

先生:

まさか、「星占い」じゃ?

弟子:

いえ、では、ハッキリ申し上げますが、

「料理」です。

先生:

なあんだ、聞いて損した。

君の「人に気を持たせる腕前」は、プロ

ばりだな。

« 窮鼠猫をかむ | トップページ | 年上の女房は金の草鞋を履いてでも探せ »

」カテゴリの記事