« 女性籠絡術 | トップページ | そんなことを言うもんじゃないよ »

2010年6月11日 (金)

心がなごむ

弟子:

今度は、「こういう詩を読むと、本当に

心がなごみますね」の「こころがなご

む」ですが・・・?

先生:

“舒服 shūfu

“舒坦 shūtan

“熨帖 yùntiē”

“心中熨帖 xīnzhōngyùntiē

などと言うな。

“与病人交流是一门学问。

同样内容的话,

有人能把病人惹恼;

有人就能使病人感到

心中熨帖。”

を訳してご覧。

弟子:

「患者とコミュニケーションを取ると

 いうのは一種の学問と言える。

 同じ内容であっても、言い方に

 よって、患者を怒らせることもあ

 るし、患者を心から和ませること

 もある。」

先生:

では、私が患者だとして、「余命1ヶ月」

を伝えて見てくれたまえ。

弟子:

「よく持っても、あと1ヶ月ですね。」

先生:

「医者として、何か、努力しているの

か!!!!」

弟子:

「上手くいけば、あと1ヶ月ですね。」

先生:

「上手くいかなければ、明日か?!!!」

弟子:

「来月のお嬢様のお誕生日に、何を送るか、

 考えておかないといけませんね。」

先生:

「エッ、娘もまだ1ヶ月大丈夫なんですか?」

弟子:

??????????????

« 女性籠絡術 | トップページ | そんなことを言うもんじゃないよ »

」カテゴリの記事