« よく耳にする | トップページ | ありのまま »

2010年4月26日 (月)

口に出さずとも分かっている

弟子:

今度は、「君、それは、要らぬお節介というもの

だよ。彼らは、口に出さずとも分かっているん

だよ」の「口に出さずとも分かっている」ですが

・・・?

先生:

“心照不宣 xīnzhàobùxuān”

などと言うな。

“明明那么相爱,

一个装作不知道,

一个装作不在乎,

心照不宣地做着所谓的朋友。

を訳してご覧。

弟子:

「お互いあんなに愛し合っているのに、

 一方は知らんぷりをし、一方は

 気にも留めていないふりをして、

 口には出さずに、お友達を続けて

 いる。」

先生:

「奥ゆかしい」じゃないか。

弟子:

でも、時には、口走りたい衝動にかられる

でしょうね。

先生:

そうだな。

「このまま行くと、『愛の結晶』が残せないよ!」

ってな。

弟子:

「奥ゆかしさ」が、「どぎつさ」で、吹っ飛んでしま

います!!!

« よく耳にする | トップページ | ありのまま »

」カテゴリの記事