« 支離滅裂 | トップページ | 隠しだてする »

2010年4月 9日 (金)

義憤

弟子:

今度は、「世の中に義憤を感じる人は多いが、

それを形に現し、実行に移せる人は稀だ」の

「義憤」「義憤を覚える」ですが・・・?

先生:

“义愤 yìfèn”

“义愤填膺 yìfèntiányīng”

“愤世嫉俗 fènshìjísú

などと言うな。

“想到这些,我义愤填膺起来,

准备站起来与他们理论,

但我身边同学阻止了我,

希望我不要出事来,

引起争吵,我才冷静下来。

を訳してご覧。

弟子:

「ここまで考えて来て、僕は義憤を覚えざる

を得なかった。立ち上がって、彼らと白黒

つけようと思った。しかし、同級生達に、

事を構えない方が良い、ケンカはしない方

が良いよ、と言われて、なんとか冷静にな

った。」

先生:

なんだ、周りから言われて、「義憤」を

取り下げるなんて、だらしないな。

弟子:

取り上げてはいませんよ。

別の形で、表現するのですよ。

先生:

どういう形で?

弟子:

「事を荒立てない」方法で、「穏やか」で

ありながら、「急所を突いた」、「心に

じわっと染み込んで行く」ようなやり方

で。

先生:

もっと、具体的に、言ってくれよ。

弟子:

「twitter」で、つぶやく。

先生:

ぎゃふん!!!!!!!

« 支離滅裂 | トップページ | 隠しだてする »

」カテゴリの記事