« 同時に | トップページ | 今までの苦労が水の泡 »

2010年4月23日 (金)

すきまに生き残りをかける

弟子:

今度は、「うちのような中小は、すきまに

生き残りをかけるしかないよ」の「すきま

に生き残りをかける」ですが・・・?

先生:

“夹缝中求生

jiāfèngzhōngqiúshēng”

などと言うな。

“民营加油站没有优势,

只能在夹缝中求生。

现在为了保住客源,

不得已才打价格战。

を訳してご覧。

弟子:

「民営給油所は不利な立場にあり、

 間隙をぬって生き残りを図るしか

 ない。現在、客をつなぎとめるた

 めに、仕方なく価格競争を行って

 いる。」

先生:

「価格競争」となれば、「大手」の方が、断然

有利じゃろう?

弟子:

はい、もちろんです。

「中小企業」は、総じて、苦しいですよ。

でも、大きいところも時々「グラッと」

来ますからね。

「恐竜」や、「怪獣」みたいに。

先生:

「怪獣」????

« 同時に | トップページ | 今までの苦労が水の泡 »

」カテゴリの記事