« 氷山の一角 | トップページ | 感情的になる »

2010年3月31日 (水)

スローモーション

弟子:

今度は、「大発見ですよ!人の笑顔を

スローモーションで見て見ると、その時

の心理状態が分かるんですよ」の「スロ

ーモーション」ですが・・・?

先生:

“慢镜头 mànjìngtóu”

“慢镜头重放

mànjìntóuchóngfàng”

などと言うな。

“经过重放的慢镜头看,

裁判的评判应是正确的,

所以维持原判。”

を訳してご覧。

弟子:

「スローモーションで再現してみると、

 審判の判定が正確であることが

 判明し、判定は覆らなかった。」

先生:

君の「大発見」だけど、本当かな?

弟子:

本当ですよ。

先生の「笑顔」を、「スローモーション」で、

見てみましょう。

ね、この時、先生は、七十二歳で佐渡

に流される「世阿弥」のような心持ちだ

ったのではないでしょうか?

先生:

どうして分かったのかね?

素晴らしい心理分析だな。

フロイト先生をも唸らせる分析だぞ。

そうなんだ、この時は、「手術室」に送ら

れ、「大オペ」を受けるところだったんだ

よ。

« 氷山の一角 | トップページ | 感情的になる »

」カテゴリの記事