« いろいろと苦労する | トップページ | まみえる »

2010年3月 9日 (火)

中身のない

弟子:

今度は、「中身のない人は、すぐに見抜か

れてしまいますので、ご用心を」の「中身

のない」「実が無い」「うわべだけの」で

すが・・・?

先生:

“华而不实 huáérbùshí

などと言うな。

“我觉得这部电影比那些

华而不实的好莱坞电影

棒得多。

を訳してご覧。

弟子:

「私は、この映画は、中身のない

ハリウッド映画よりずっと好いと

思います。」

先生:

君は、「皮が薄い饅頭」と、「皮が厚い饅頭」では、

どちらが好きかな?

弟子:

「皮が薄い」方です。

先生:

どうして?

弟子:

どうしてって、「中身」が多いからです。

先生:

では、こちらを、どうぞ。

「中身」は、「増量剤」だけどね。

弟子:

「ペテン師」!!!!!!

« いろいろと苦労する | トップページ | まみえる »

」カテゴリの記事