« 古典を引用する | トップページ | 体裁の好い話 »

2010年2月28日 (日)

風格がある

弟子:

今度は、「この作家には、プロとして

の風格がありますね」の「風格があ

る」ですが・・・?

先生:

“风范 fēngfàn”

“有风度 yǒufēngdù

などと言うな。

“现在将军虽然人走了,

但他的风范却成为

我们的宝贵财富。

を訳してご覧。

弟子:

「将軍は既にこの世にいないが、

 その人となりは、今や我々に

 とってかけがえのない宝だ。」

先生:

人の心に永く刻まれるものこそが、

本物の「宝物」だな。

弟子:

そうですね。

形に残らなくても、永遠に、残るので

すからね。

先生:

ところで、例の「論文」は、書けたかな?

弟子:

いえ。

形に残さず、毎日毎日を、一瞬一瞬を

思い切り生き抜くことにしましたので、

「論文」は、止めにしました。

先生:

何と!

詭弁!!!?????

« 古典を引用する | トップページ | 体裁の好い話 »

」カテゴリの記事